2012年11月27日

「収入証明書必要なし」〜でも必要になる場合がある!=貸金業法

「収入証明書必要なし」を謳い文句にクレジットカードやキャッシングの宣伝を行っています。
あれを見ると、
「簡単に借りれるのでは?」
と思いますが、昔より俄然厳しくなりました。(調べてわかったのですが…。)

一時、消費者金融の「グレーゾーン金利」をめぐって金融業界(貸金業)が窮地に陥ったことは記憶に新しいのではないかと思います。
あの件を受けて、法律・貸金業法が改正になり、2010年に完全実施となりました。

いろいろ改正点はあるのでしょうが、一番知っておくべき箇所は
総量規制の部分

以下に要約します。
@:個人の借り入れ総額は年収の3分の1まで(原則)
A:リボルビング契約をした場合、1カ月の貸付け合計額が5万円を超え、且つ貸付残高が10万円を超える場合、毎月指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べられる
B:貸付残高が10万円を超える場合は、3カ月以内に一度、指定信用情報機関から情報を得て、残高を調べられる
C:他の貸金業者を含めた総貸付額が100万円を超える貸付けを行う場合には、収入を明らかにする書類の提出が必要になる

要点だけピックアップしました。
「C」の部分は、クレジットカード発行ないしキャッシングを申し込む際のWEBサイトにも記載されていますが、
AとBは、まず見かけません。
つまり、簡単に言うと貸付金額の合計が10万円以上ある場合
審査は通りづらくなる、収入証明書を求められる場合もある、ということです。

事前に知っておくと、「クレジットカード発行したい!」「キャッシングしたい!」
というときに、熟慮してから手順を上手く踏んで実行する必要があると思います。

「ご利用は計画的に」
なんて言葉をよく耳にしますが、まさにその通りです。。。


posted by 借金大王 at 07:55| 申し込む前に知っておきたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月22日

氏名だけで審査落ちしないように、匿名で事前審査をしてみよう!〜審査くん

クレジットカードは、ほとんど使わず生活してきたので、勝手をほとんど知らずにいました。
いざ、作ろうと思い、最初に登録したのが、楽天カードで、すぐ発行されたので、
「なーんだ簡単ジャン!」
と思っていたのが大甘でした…orz

1日2・3件のペースで申し込んでいました。
最初こそ、電話がかかってきて、いろいろ聞かれて、「審査落ち」というパターンでしたが、
その内、申し込み完了後、数分で「審査落ち」のメールが届くようになってしまいました…。

後にわかったのですが、
いろーんなクレジットカードがあるように一見みえますが、
大元は数社に絞られることです。
主には銀行系、信販会社系、流通系と、あとちょっと。

つまり、
一旦審査落ちした「銀行が大元のクレジットカード」だと、同じ銀行が発行するクレジットカードには審査は通らない
というわけです。

ですから、申し込む際にはよく調べてから申し込まないと、後々困ります。

そこで、ちょっと面白いWEBサイトを見つけました。
匿名で、数社一括で事前審査できる審査くん
というサイトです。

無料で利用できるから、便利だと思われます。

詳細は「審査くん」のサイトにてご確認ください。
自分がみる限り、怪しいサイトではなさそうです。
(ここ使えばよかったと、後悔しております。。)

posted by 借金大王 at 14:04| 申し込む前に知っておきたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月17日

近々「独立」を考えている方へ〜会社に所属中の間にクレジットカードは作っておこう!

今更ながら、「あちゃー、失敗したなぁー…」と、ちょっと後悔しています…。
クレジットカードって滅多に使うことがなかったので、一枚しか持ってなかったのですが、
使わなくてもいいから、キャッシング枠つけて何枚か作っておくとよいですね。

独立して、「個人事業主」ないし「株式会社」の登録をしたところで、前年度の収入証明書がないと
結局クレジットカードが作れないケースが、圧倒的に多いです。

資金繰りに困ったときに、万一のために「キャッシング枠」はあった方がよいです。

いえ、せめてショッピング枠だけのクレジットカードを使っておくだけでも、違います。

独立をお考えの方、お早めに3,4枚くらいは作られたらよいと思います。
posted by 借金大王 at 01:25| 申し込む前に知っておきたい | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。